生活

【好きなことで生きていく】嫌いなことで生きていけるほど人生甘くないというお話

「好きなことして生きていけるほど甘くない!」なんて言葉、よく聞きますよね。

その言葉に対して賛否両論、あるでしょう。

じゃあ逆に聞きます。

 

嫌いなことをして生きていけるの?

 

結論から言いますと、これから好きなことをしていかないと生きづらい時代になります

つまり「嫌いなことをして生きていけるほど甘くない」時代がくるんです。

 

この記事では、その理由を説明していきますね。

日本人は好きなことをして生きていない

スイスのギャラップ社の調査によると、日本人は仕事に熱意を持っていない社員が90%以上いると分かったそうです [a]。

熱意を持って仕事をしている6%
周囲に不満を撒き散らしている無気力な社員24%
やる気がない70%

この6%はなんと、139国中132位。

つまり日本は世界有数の仕事に熱意を持っていない国とのことです!

 

一方で、平均勤続年数の長さはドイツと並んで世界1位です。

日本は世界トップクラスの転職率の低い国ということですね。

 

つまりこれらの2つのデータから、「日本人は好きでない仕事を我慢して行なっている人が多い」ということが言えるでしょう。

好きなことして生きていかないといけない時代が来る

しかしこれからの時代、好きなことをして生きていかないといけない時代が来ます。

その理由は次の4つです。

  • AIの登場で、単純労働が減る
  • クリエイティブな意思決定には、モチベーションが必要
  • 情報爆発で、興味が続く限り知識がつけられる
  • グローバル化で、能力がないと生きていけなくなる

順を追って説明していきますね。

AIの登場で、単純労働が減る

AIの登場で単純労働が減るというお話、よく聞きますよね。

では単純労働が減ったらどんな仕事が残るのでしょうか。

それは「どのようなビジネスを行うか決める」といったような、クリエイティブな意思決定です。

クリエイティブな意思決定には、モチベーションが必要

クリエイティブな意思決定には、モチベーションが必要です。

なぜならクリエイティブな意思決定は新しいことをする必要があるわけで、新しいことってモチベーションがないと難しいんです。

それにはドーパミンという脳内物質が絡んでいるんですが、周りを見てもモチベーションがない人って新しいことをしたがらないのではないでしょうか。

モチベーションがないと、新しいことをせず同じことを繰り返すようになってくるわけなんですね。

 

嫌なことを我慢して行なっていると、モチベーションは湧かない

嫌なことを我慢して行なっていると、モチベーションは湧きません。

もちろん「仕事なんだからやれよ」という話はあった上ですが、人間の構造としてモチベーションが湧かないのは事実です。

そうすると、自然と新しいことを避けたがるようになります。

 

嫌なことを強制するとストレスになる

嫌なことを強制すると、それはその人にとってのストレスになります。

どんな人もストレスを受け続けると壊れてしまうことは分かっていまして、我慢だとかストレス耐性だとかいった話ではありません。

誰でも、ストレスを受け続けるといずれ限界がきます。

つまり嫌なことを我慢してやっているように見える人も、嫌と感じていなかったり、嫌なことをうまくかわしていたりするわけです。

 

AIの登場で単純労働がへり、残った仕事は嫌嫌できるものじゃなくなってくるんですね。

情報爆発で、興味が続く限り知識が得られる

記事とか動画とかそういった情報は爆発的に増えてるよーという話が情報爆発で、その影響で調べれば調べるだけ情報に辿り着けるようになっています。

つまり調べれば調べるだけ知識が増えるわけでして、情報を追い続ける人と追ってない人の差がどんどん広がっていくわけです。

 

例えば野球をやっている学生がいたときに、昔はコーチや本が情報の全てでしたよね。

だからどのコミュニティに属しているかで情報の質が変わりまして、強豪校と弱小校では得られる情報に圧倒的な差が生まれるわけなんです。

だけど今は弱小高校の野球部員でもMLB選手の練習方法や考え方を知ることができるわけでして、つまりコミュニティによるアドバンテージが無くなってきたわけです。

 

そうなると何が違いをうむかですが、それは本人がそれを好きかどうかになってきます。

なぜかというと、好きでないならイヤイヤ調べることになりますが、好きなら無限に調べることも苦ではないからです。

 

つまり仕事が好きな人は無限に成長するので、仕事が嫌いな人は一瞬で追い抜かれてしまうわけですね。

グローバル化で、能力がないと生き残れなくなる

いまはほとんどの日本人は日本語しか喋れないので、日本語が喋れないと日本で働くのは難しいです。

だから日本企業では日本人ばかりが働いているわけですね。

 

しかし自動翻訳で言語の壁がなくなってしまうと、それこそ誰とでも仕事できるようになります。

そうなると、世界中のあらゆる人と比べて優秀か、と判断されるようになってきます

 

仕事が好きな人は優秀、というお話をしたかと思いますが、仕事が好きな人が人材市場に無数に流れ込んでくるわけです。

「それが大好きで時間があったら調べてます」という人の中で、「嫌いだけど義務として調べてます」なんて状態で戦える自信はありますか。

少なくとも私は、その自信はないですね。

ただし、「好きなことだけをして生きていく」のではない

嫌なことを避け続けて、好きなことだけをして生きていく、とはまた別の話です。

例えば野球大好きでも嫌いな練習もこなしていく必要はあるわけです。

 

つまり「好きなことだけをやって生きていけるほど甘くない」けど「嫌いな仕事で戦っていけるほど甘くない」というお話です。

好きな仕事の中で嫌なことがあっても、しっかりこなしていく必要はあるわけですね。

 

また「嫌な仕事を辞めろ」という短絡的な話でもありません。

「心からやりたいと思える仕事を探す」とか、「どうやったら今の仕事を楽しめるか考える」といったようにポジティブに捉えてもらった方が良いでしょう。

まとめ:好きなことして生きていくことが必須

  1. AIで単純労働がなくなると、嫌嫌できる仕事がなくなってしまう
  2. 情報爆発で、仕事が好きな人と嫌いな人の差が無限に広がっていく
  3. グローバル化で、世界中の人と戦っていく時代がくる

というわけで「嫌な仕事で戦っていけるほど甘くなくなってくるよ」というお話でした。

 

「好きなことでも生きていけるんだよ!」という話も超えてきてまして、イヤイヤ仕事してるよーという人はどうやったら楽しめるか考えてみると良いかもしれませんね。

 参考

[a]「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査 日本経済新聞