ビジネス

【エンジニア】1年で転職は失敗する?採用側の意見を言います!

最近は『ただ1年単位での転職を繰り返せば無条件でスキルアップ・収入アップできる』と捉えている人が増えているように思います。

もちろん人によっては良い結果を生む可能性は否定しません。

しかし多くの人にとってはすごく危険で、どんどん条件が悪化していくどころか転職先が見つからない状況にすらなり得る考え方でもあります。 

エンジニアの採用を何年も行ってきた側の意見として、記事にまとめたいと思います。

この記事で、間違った選択をしてしまう人が減ってくれることを願っています!

理由の薄い転職は間違いなくデメリット

たとえば1年スパンで離婚を繰り返している人がいたとします。

もし結婚相手がそんな人だったら、怖くないでしょうか。

「その人に何か問題があるんじゃないか」「結婚してもすぐに離婚するんじゃないか」と考えると思います。

採用活動における採用側の気持ちも同じです。

  • 同様の理由で、またすぐに辞めるリスク
  • 不満を感じやすい人であるリスク
  • 対人関係で問題を起こす人であるリスク

その経歴に対してあらゆるリスクを感じます。

ほとんどの面接において「転職理由」を聞かれるのは、そのためです。

とくに、1人を採用するのにかかる費用は大きいです。

採用活動にかかるコストはもちろん、ふつうパフォーマンスを出すまでに慣れの期間が必要ですし、ジュニア層の採用になれば教育コストもかかります。

仮にすぐに辞められてしまったら会社側は損しかありません。

そのような状況下で転職リスクのある人を採用することは、

  • そのリスクに見合うほどの価値がある(ように見える)
  • なりふり構っていられないほどブラック

ということになります。

つまり、企業側に対してそのリスクに見合う価値があるように見せることができなければ、転職を繰り返すことでより悪い環境にしか行けなくなってしまうと言うことです。

価値を見せるための手段

ではどのようにしたら、価値を見せられるでしょうか。

そのために、以下の2つの方法を提案します。

  • 対外的に錯覚資産を増やしていく
  • 社内での評価を高める

錯覚資産

錯覚資産とは、「人生は、運よりも実力よりも『勘違いさせる力』で決まっている」と言う本で語られ話題になったものです。

錯覚資産とは、簡単にいえば「実力があると周囲が錯覚する」ものです。

ただ、この文章では「周囲も実力があると認識している」ものは全て錯覚資産に含めることにします。

本当に実力がある場合も、「周囲が実力があると認識している」のであれば錯覚資産であるということです。

なぜなら就職だけをゴールにおいたとき、採用担当者に実力があると認識されるかどうかが全て、本当に実力があるか否かは関係ないからです。

錯覚資産の増やしかた

錯覚資産を増やす方法について、次のような方法が考えられます。

  • TwitterやYoutube、Qiitaでの発信
  • 勉強会での講演
  • 本の執筆

ただエンジニアの世界において、技術力の有無はバレやすいです。

背伸びした発信をした場合、すぐにボロが出てしまいます。

そのため、無駄に背伸びをせずに実力に見合う発信をするだけで良いと思います。

仮に実力以上の影響力を持ちたいのであれば、次にような方法もあるかもしれません。

  • 初心者向けの発信をしていく
  • 転職戦略などのライフスタイルを発信していく
  • 話題の記事に便乗する
  • 本や海外記事など、世に出回ってない有用な記事を転載していく
  • 「小学生エンジニア」「未経験から1年で年収4桁万エンジニア」などの稀少性を持たせる

「バレバレの錯覚」だとしても意味があるのか?

実力以上の発信をしたとして、それが実力以上だとバレたとしてもマイナスにはならないと思います。

なぜなら仮に本の転載であったとしても、発信するためには少なからず理解する必要があるからです。

「知る→分かる→できる→教える」が能力開発の4つのステップと言われているように、「教える」はもっとも難易度が高いものです。

企業側が「実力以上の発信をしている」と理解した上でも、何も発信していない人よりは評価が上がるのは自然かと思います。

社内での評価を高める

これはものすごくシンプルで当たり前な一方で、小手先の戦略に溺れると見失いがちなものに思います。

この業界は狭いので、「次の職場で前職の知り合いに合う」なんてことは多々あります。

知り合いに直接誘われることはもちろん、前職での活躍ぶりを繋がってる人に聞くことは多々あります。

仮に錯覚資産を高めても、過去の同僚に「採用しない方が良い」と言われてしまえばおしまいです。

社内での評価を高める方法

評価を高めるというと技術力をあげることのように受け止められがちですが、それだけではありません。

単に「人当たりがよく会社の空気をよくしてくれた」でも良いかもしれません。

「どんなに厳しいスケジュールでもめちゃくちゃ働いて終わらせる」でも良いかもしれません。

もちろんエンジニアとして働く以上、技術力を高めていくことは重要です。

ですが、その上で自分の性格やスキルにあった価値提供をしていくことが大事になります。

転職を繰り返す戦略は、場合によっては「自分の利益のために会社を捨てる」行為であり、上手くやらない限り残った人に悪い印象を与えやすいものです。

そのため、その戦略を取る際は「下手したらどんどん業界内で居場所を失っていく」リスクも計算に入れて行った方が良いでしょう。

失敗しない転職タイミング

以上の点を踏まえた上で転職戦略を行う場合、どのような状況下で転職すれば良いのでしょうか。

「転職すれば無条件でスキルアップ・収入アップできる」と考えているような場合「転職が目的」となってしまいがちです。

しかし、 「スキルアップ・収入アップの手段としての転職」でしょう。

つまり、『現在の環境で得られるものが少なくなってきた』『経験したいことがある』という状況を打破するための手段です。

仮に転職したとしても、「ものすごくレガシーな環境で狭い経験しかできない」のであれば全く意味がありません。

今の状況は、技術的に得られるものが少なくなっているでしょうか。

たとえば同じ会社内で新規事業が始まり新しい技術が触れるのであれば、それで技術的欲求は満たすことはできるかもしれません。

そして、そもそも現在の環境で得るものがなくなったと言えるぐらい吸収しきったのかも重要になります。

1年で転職するということは、「1年でその技術分野に関しては得るものがなくなるぐらいやりきる」ということになります。

逆にいえばそれができない状況で新しい環境に行っても、その新しい技術も対して理解できないまま終わる可能性が高いです。

社会人経験と共に自然とできるようになることはほとんどなく、今できる人は過去どこかで勉強しています。

つまり今できないことは、どこかで勉強しないと10年後も20年後もできるようにはなりません。

1社に残るのもまた戦略

転職戦略は、集団の利益を無視して自分のスキルアップを優先していく戦略です。

逆にいえば、そこまでしてスキルアップをしたくないのであれば、むしろ1つの会社に残ることで価値を高めていく方法もあります。

たとえば1つのプロダクトの保守運用をずっとしている場合、たしかにスキルアップはしづらいかもしれません。

しかし、そのプロダクトや会社に対する理解は誰よりも深まります。

技術的に劣っていても、プロダクトに対する理解はそれだけで価値になります。

つまり会社にとって高い報酬を払ってでもなくてはならない存在になり得ます。

さらに会社にとって「この人は辞めない」という存在になり得れば、実力以上のポジションを任せられることになります。

特に「エンジニアになれば楽に金が稼げる」という印象でこの業界に来ている人だと、「努力してスキルアップしたくない」という人もいるでしょう。

そのようなタイプであれば、むしろ「1つの会社に残ることで年功序列的に出世していく」方向の方があってるのではないでしょうか。

実際周りを見ていても「転職し続けた結果年収がどんどん落ちてる人」もいますし、「同期内でスキル的には目立たなかったけど、1つの会社に残った結果で良いポジションについた人」もいます。

この辺りは個々の適正だと思いますので、「自分にあった生き方は何か」を考えた上でフラットにネット上の様々な発信を受け止めていけば良いのではないでしょうか。

まとめ:エンジニア転職で失敗しないために

転職戦略はあくまで自己の利益最大化のために貪欲にスキルアップをしていくための手段であり、それ相応のリスクが伴います。

逆にその覚悟が無いのであれば、カジュアルに転職を繰り返していく戦略はお勧めしません。

ある種の「とっかえひっかえ女を変えてもモテる」ような生き方であり、一般人が下手に真似すると誠意のない人として居場所を失ってしまう恐れもあるでしょう。