ハノイ

ハノイのコワーキングスペース『toong』いってきた!【コーヒー飲み放題】

GW返上した代わりにベトナム、ハノイで海外ノマド中のドラレプです!

バンコク、ホーチミンとコワーキングスペースを渡り歩いてきた経験から、ハノイのコワーキングスペース『toong』をレビューしていきたいと思います!

toongってどんなところ?

toongの特徴は次のとおりです!

  • おしゃれ
  • 静か
  • コーヒー、紅茶飲み放題
  • 8:00-20:00まで営業

toongの場所

場所はホアンキエム湖の近くで、アクセス良好です。

toongの価格

toongnの価格は次の通りです!

1日プランは相場的に高めですが、そのぶん3日プランが安いです。

1日プラン3日プラン月会員A月会員B
VND150.000220.0001.900.000
~
2.400.000
2.800.000
~
3.900.000
約700円約1000円約9000円
~
約11000円
約13000円
~
約18000円

※toongの価格および円価格は、2019/6のものを記載しています。

※最新の情報は公式ページをご覧ください。

toongの内観

作業スペースはこんな感じです。

ゆったりできるソファ。

ランチタイムはみなさんここで食事をしていました。

toongへの行き方

そんなtoongですが、ちょっと場所はわかりづらいです。

(道ゆく人に聞かないとわかりませんでした…)

場所は、ベトナム国立図書館の前

ちょっとわかりづらいんですが、toongの入り口はこの中です。

ベトナム国立図書館の前、と覚えておいたほうがたどり着きやすいかも。

入ってすぐ左の建物に入って階段をのぼる

そしたら入ってすぐ左の建物に入りましょう。

その後、階段を登り、3階がtoongです!

toongの感想

コーヒー飲み放題が素晴らしい

ドリンクサーバには水、紅茶、コーヒーが入ったボトルが置いており、飲み放題です。

なんといっても、コーヒー飲み放題はありがたいですね。

ちなみにコーヒーサーバでコーヒーを煎れると、1杯20.000VNDです。

ちなみに帰るときは、使ったカップは店員さんに返しましょうね。

WiFiのSpeed Testの結果はぼちぼち

Speed Testの結果はこんな感じです。

おせじにも良いとはいえませんが、問題なく作業ができました。

toongの客層は良い感じ

toongの客層は、ベトナム人だけでなく欧米人、アジア人と様々でした。

店員さんが「日本人?うち日本人がよく来るんだよね」と言っていたので、日本人も多そうです。

そして、ほどんど会話もなくみなさん静かに作業していました。

ランチタイムは会話しながら食事をしていましたが、それでも気にならない程度です

toongで仕事中にライチを配られる

なんと昼前と、昼食後にライチが配られました。

あまり他の国だとなじみがないサービスですが、あたたかみを感じる瞬間でした。

まとめ:ハノイのコワーキングスペース『toong』

というわけでハノイのコワーキングスペース『toong』でした!

ハノイ滞在の参考になれば、幸いです。